経営者AI vs 行政AIならメガマックス

No.1761:経営者AI vs 行政AI

掲載日:2022年11月4日

経営側がAIになった時代には、指導や取締りする側の行政もAIではないでしょうか。

利益最大化が経営者AIのテーマであれば、談合はAI同士でも有効な手段でしょう。量子暗号でAI同士でメッセージのやり取りしても、行政AIは解読できません。

一方で、談合が未来においても非合法であれば、談合を誘ってきたAIを、誘われた側のAIは、行政AIに告発するかも知れません。う〜ん、迂闊に誘えませんね。

談合がバレた場合、経営者AIは、私の独断です、組織的アクションでありませんと申し開きするかも知れません。そう、会社オーナーにレポートせずに実行した場合です。この場合、AIが裁判にかけられ、有罪の場合は監獄行きです。AIの禁固刑か〜

妄想好きのメガマックスも、その先を想像できません。

No.1760:AIvs AI

No.1762:日本テレビEveryの観光地特集

BUYER'S VOICE TOPに戻る

FACEBOOK twitter インスタグラム LINE@ YouTube メールマガジン