No.0131:時代の流れ

※こちらの記事は2008年以前の情報です。

一見、両極にある価値観を融合していく流れがデザインの世界にあるように感じます。 雑誌「室内」でも、 シンプルなデコラティブの特集がありました。

アメリカのバイヤーに、国内ではあいかわらず、アーバンカントリーが人気だよ、という話を聞かされました。 でも、そのブームをさかのぼっていくと、ト ラボルタの映画「アーバンカウボーイ」という25年前の映画の話になってしまいます。

アパレルの世界に比べて、なんと時のゆったりとした業界でしょうか。 

No.130:商品情報

No.132:時代の流れ パート2

BUYER'S VOICE TOPに戻る