RスタンプとSスタンプならメガマックス

No.0619:RスタンプとSスタンプ

※こちらの記事は2008年以前の情報です。

検品不合格品は、タグを切ったり、スタンプを押したりするメーカーがあります。

廃棄するのでなく、販売するためです。

Rは、リジェクトの頭文字で、Sは、サブスタンダードの頭文字で、どちらも同じような意味です。

No.618:セリング・クライマックス

No.620:棚卸とその後

BUYER'S VOICE TOPに戻る

FACEBOOK twitter インスタグラム LINE@ YouTube メールマガジン