実践英会話教室ならメガマックス

No.0181:実践英会話教室

※こちらの記事は2008年以前の情報です。

日本で英会話を勉強して、アメリカにいっても思わぬシーンで、通じなくて、ショックを受けます。 こういう場面では、こういう質問をされると一度記憶しておけば、まごつきません。

レストランで、「ホワイト オア ウィート?」と聞かれたら、パンの種類を白パンが麦パンのどちらにしますかということですので、まあ、「ホワイト プリーズ」と答えてください。

お肉の焼き方とか、ドレッシングの種類とか、サイドオーダーの種類とか、チーズの種類とかも聞かれますから想定しておいてください。

スーパーマーケットで、「ペーパー オア プラスティック?」と聞かれたら紙袋にするか、ポリ袋にするかですから、「ペーパー プリーズ」とでも、答えてください。

オーストラリアだと、パイパーになりますから、ご注意ください。

No.180:上品な英会話

No.182:実践英会話教室  PART2

BUYER'S VOICE TOPに戻る

FACEBOOK twitter インスタグラム LINE@ YouTube メールマガジン