No.0369:法人のお客様と安全在庫数

※こちらの記事は2008年以前の情報です。

チェーン店の場合、流通センターを持っていますから、店頭でのアイテムごとの在庫数は、必要最低限にコントロールしています。

発注日を決めての、定期発注方式が多いと思います。そこで、欠品を減らすために、ある程度のイレギュラーで売れてもいいように安全在庫数というのをみておきます。

法人のお客様など、今すぐ、これだけの数欲しいというような、想定を超える要求には、なかなか応えられない訳です。

倉庫、売場一体型のメガマックスは、商品によっては、1アイテムの在庫数が、あきれるほどあります。

年末になると、非常に喜ばれています。

 急ぎで、数が必要な時は、メガマックスを思い出してください。

No.368:大手メーカーのサンプル商品

No.370:Salone Intern…

BUYER'S VOICE TOPに戻る