No.0699:第2波の襲来

掲載日:2009年6月5日

新型インフルエンザも予断は許しませんが、小康状態という感じでしょうか。

昨日、厚生労働省所管 社団法人日本厚生協会の理事長先生のお話をお聞きしました。

1918年のスペイン風邪の例から考えても、秋にくる第2波が本番であり、こないと考える方が無理があるそうです。

一般企業においても、40%の社員の欠勤率を想定すべきだとの話です。

10月に向けて、緊張感を感じています。

No.698:GM CDS AIG

No.700:政治の空白

BUYER'S VOICE TOPに戻る